フリーローンに関わる総量規制について

消費者金融や闇金といわれるところからお金を借りて、返済が出来なくなってしまった人が、自己破産や自殺に追いやられてしまうというケースが頻繁に起きて、社会問題へと発展をしました。これを受けて、国会ではいくつかの法律が制定されたのです。2010年の6月に施行となった貸金業法の1つが総量規制です。総量規制は、フリーローンを利用する際にとても重要なポイントになりますので、おさえておくようにしましょう。

 

総量規制は貸金業法の中の1つなのですが、借り入れを行う本人の年収の3分の1までしかお金を借りることが出来ないといった内容のものなのです。年収の3分の1までしか借り入れが出来ないようにすることで、返済能力の範囲内の借り入れ金に強制的に抑えることが出来るのです。この総量規制は、適用される金融商品とされない金融商品があります。貸金業法によると、個人の貸し付けのみの適用で、個人の貸し付けでも、事業の資金や自動車、住宅ローンは総量規制の対象外となり、収入の3分の1以上の額でも借り入れが出来ます。

 

さらに総量規制には対象になる金融会社の制約もあります。総量規制の対象となる金融会社は、消費者金融と信販会社、クレジット会社、事業者金融会社となっています。最近よくCMなどで見るような、銀行系のフリーローンは総量規制の対象外になります。年収の3分の1以上の借り入れを希望される方や、年収というものがない無職の専業主婦の方は、銀行系のフリーローンがお勧めです。