金利で比較を行うフリーローン

 

フリーローンの利用を検討するときに、注目するのは「低金利かどうか?」。金利が低ければ返済時の利息負担も減らせるので、フリーローン選びでポイントなる部分でしょう。

 

金利が高いフリーローンを選んでしまうと、返済のときに多額の利息を払わなくてはいけないリスクもあります。

 

実際、低金利に注目してフリーローンを選ぶ人の中には

 

  • どうして低金利のフリーローンがおすすめなの?
  • 金利が低いと審査が厳しそう…
  • おすすめの低金利フリーローンを知りたい

 

など、こうした疑問や不安を抱えているケースもあります。

 

そこで今回は、低金利のメリットやおすすめの低金利フリーローンについて、徹底的に紹介していきましょう!

 

フリーローン会社によって金利が違う!その決め方とは?

 

低金利を選ぶ最大のメリットは、前述したように返済負担を減らすことができます。

 

この金利・利息とは、フリーローン会社からお金を借りたとき、+αで発生するお金のこと。これは各フリーローン会社でも、その設定額が異なります。分かりやすく説明すると、フリーローンを利用するときに発生する「手数料」のようなものと考えていいでしょう。

 

また、この金利の値は各社で異なります。これは利息制限法に従って定めらており、借入額によって次のような基準が決められています。

 

借入額 金利
10万円未満 20%
10万〜100万円未満 18%
100万円〜 15%

 

このように借入額によって、上限が設定されています。この金利を下回る値であれば、金融会社がそれぞれ自由に金利を設定出来るのです。

 

最近では低金利のフリーローンサービスを行う金融会社が増えていますが、それぞれの会社ごとに、利益を取ることと、顧客を集められるようにすることを考えて、金利を設定しています。ですので低金利と謳っているからといって、全てが共通の金利設定になっているわけではないのです。

 

金融会社によって金利が設定されているのですが、フリーローン商品や借り入れの金額によっても、金利が変わってくることもあります。

 

借り入れの金額が大きくなればなるほど、金利は低くなっていく傾向があります。またフリーローンの利用者の信用度によっても、金利が変わってしまうということもあります。

 

もちろん信用度が高いほど金利も低くなる傾向があります。日頃からの行動に気をつけるようにすることで、良い条件で借り入れのサービスを受けられる可能性があります。

 

フリーローン会社選びは金利から

 

フリーローンのサービスを提供している消費者金融はたくさんあり、それぞれの会社で設定している金利が変わっています。フリーローンを利用する際は、この金利に注目をしてみて下さい。

 

最近では金利が最も低いところで3.0パーセント程度となっています。しかしこの金利の会社は滅多にありません。誰もが知っているような>銀行系のフリーローン会社でも、9.0パーセント程度の最低金利になっています。

 

それよりも少し高めの10.0パーセントというようなところもありますが、少し高めの金利の代わりに、運営がしっかりしているといったメリットもあるでしょう。

 

低金利フリーローンは銀行のサービスが一番

 

フリーローン商品を提供している金融会社は、消費者金融や銀行、信販会社などとさまざまなジャンルの業者があります。そのなかでも銀行は金利が低いことで定評があります。

 

しかし顧客を集めようとする消費者金融や信販会社も、最近では低金利フリーローンのサービスを積極的に行うようになってきました。とはいえ、まだまだ銀行の低い金利には追いつかないようです。

 

借り入れの際の金利は各金融会社が独自に設定をしているので、利用者の条件によっては消費者金融が銀行と同じくらいの金利になってしまうこともあるようです。

 

単に低金利フリーローンは銀行だと思って銀行を利用すると、もしかすると損をしてしまう可能性があるのです。低金利フリーローンを利用する際は、自分が借り入れを行ったときにどれくらいの金利で融資を受けられるのかを特に気にしておく必要があります。

 

金利には下限金利と上限金利がある

 

金利に関しては各金融会社で公表を行っているのですが、最高金利と最低金利の2つの表示があります。

 

出来れば最低金利で融資を受けたいというのが本音なのですが、なかなか最低金利で融資を受けることは難しいので、自分の融資に掛かる利息を計算するときは、最高金利の数値で確認をされた方がいいかと思います。

 

最高金利を見ることによって、金利と謳って商品を展開していても、実際には普通のフリーローンと変わらないようなこともあるのです。金利が低い銀行であっても、低金利フリーローンを利用する際は、ご自信の融資額に掛かる利息はきちんと確認をされた方がいいでしょう。

 

低金利フリーローンの注意点

低金利フリーローンを利用するときには、いくつかの注意点があります。どんなことに注意したらいいのか?確認していきましょう。

 

利息に注目する

低金利フリーローンの魅力は、通常のフリーローンよりも低い金利でお金を借りられるということなのですが、低金利であるがゆえに、利息を払っているということを忘れてしまう可能性があるのです。

 

利息も合わせて借金を返済しているという認識がなければ、気の緩みが出てしまって借金を繰り返してしまう可能性があるので、注意をしなければなりません。

 

低金利をうたったマイナーなフリーローン会社に注意

低金利というサービスは利用者にとって魅力的なサービスだということを、金融会社側もよく知っています。その利用者の心理を悪用して、低金利と謳って顧客を集め、実際は高い利息を請求してくるような悪徳金融会社も実際に存在しているのです。

 

最近は法律も厳しくなってきているので、いきなり高い金利を設定してくるようなところは少ないのですが、返済日を1日過ぎてしまったり、規則を違反した際には、高額な利息を請求してくるようなことも多いようです。

 

銀行などのように世間一般に名前が知られているような金融会社は大丈夫ですが、聞いたことのないような金融会社を利用すると、こういったトラブルに巻き込まれるかもしれませんので、気をつけて下さい。

 

審査が厳しい面もある

低金利フリーローンにも通常のフリーローンのように審査が行われます。ただ、低金利のフリーローンは通常よりも審査の基準が厳しくなっており、これはフリーローン利用者ならよく知っていることなのです。

 

ですので、低金利フリーローンの利用を検討される方は、複数の金融会社にまとめてローンの申し込みをされる方がおられるのです。

 

全ての金融会社の審査に通れば問題は無いのですが、審査に落ちてしまうとその情報は金融業会にすぐに伝わります。俗にいうブラックリストに名前が載るのですが、1度リストに載ってしまうと、しばらくの間は借り入れが出来なかったり、利用限度額を大幅に減額をされる可能性がありますので、注意して下さい。

 

低金利のフリーローンの借り入れ審査について

 

低金利のフリーローンは、通常の金利よりも低い金利で借り入れをすることが出来る、利用者にとってはとてもありがたいサービスです。それゆえに若干ではありますが、借り入れ審査の基準は厳しくなっているようです。

 

金融会社は、お金を貸してその元金と金利の利息を支払ってもらうことで会社が成り立っています。返済をしてくれないような人にお金を貸してしまっては、損をするだけになりますので、金融会社と債務者の間には強い信頼度がなければ、お金の貸し借りは成り立たないのです。

 

そのなかでも低金利のフリーローンを利用出来る人は、金融会社がきちんと返済をしてくれるということを見越した特別な方になりますので、低金利というサービスは金融会社から債務者へ与えられる信頼の証ということにもなるでしょう。

 

フリーローンのサービスを提供しているのは、消費者金融や銀行、信販会社などさまざまです。そのなかでも特に銀行は低金利の傾向があると言われています。その分、銀行は利用者の信頼度をとても重要視しますので、基準が厳しくなっています。

 

貸金業のプロである消費者金融でも低金利のフリーローンサービスを展開しているところもあるのですが、低金利なゆえに、やはり審査の基準が通常のフリーローンよりも厳しくなっているようです。

 

低金利フリーローンの審査の基準は、各金融会社によって違いがあるのですが、基本的には収入がない方は利用をしてもらえません。これは、通常の借り入れの場合でも当てはまることだと思います。

 

最近では即日融資といって、申し込みをしたその日に融資を受けられるという便利なサービスが登場していますが、低金利フリーローンの場合は、審査を慎重に行って信頼度の確認を行いますので、即日融資は出来ない場合が多いようです。

 

低金利フリーローンの利用に職種条件はあるのか

 

金融会社からお金を借りるというフリーローンのサービスは、利用者と金融会社との信頼関係がなければ成り立たないものです。特に低金利フリーローンは、通常のフリーローンよりも審査基準が厳しいので、利用を検討されている人は、職種の条件がないだろうかと気にされている方もおおいのではないでしょうか。

 

低金利フリーローンは、審査基準は厳しいのですが、職種で利用者を判断することはありません。

 

どんな仕事をしているかということよりも、審査の基準になるのは、勤務形態と勤続年数、収入などが審査の基準になるようです。勤務形態に関しては、正社員であれば言うことはありませんが、フリーターでも一定の収入があれば、融資を受けることが出来る金融会社は増えています。

 

しかし、低金利フリーローンに関しては、フリーターの方は審査を通過する可能性は低いとされます。もし、低金利フリーローンの審査を通っても、利用限度額が低い額に設定されたり、金利を少し上げて融資をすることもあるようです。

 

勤務年数の長さも重要!

勤務年数もフリーローンの審査で大きな判断要素となります。長い間同じ会社で勤めていることが分かれば、金融会社も利用者に対して信頼感を持ちます。また、収入額が多ければ多いほど、返済能力があると判断をしますので、審査に通る可能性は高くなります。

 

低金利フリーローンが利用出来るかどうかということは、利用者の職種で判断をするのではなく、勤務形態や勤続年数、年収など、その人がどれだけ仕事に対する意欲を持っているかということなのでしょう。

 

低金利で選ぶなら!無利息サービスにも注目!

 

キャッシングでお金を借り入れた場合には利息の支払いが必要になるのですが、近年ではあらかじめ設定された期間内であれば利息の負担なしで借り入れを利用することができる、無利息期間サービスが利用できるキャッシングが増えているようです。

 

無利息で利用できる期間については、キャッシングを提供する金融機関ごとにそれぞれ異なります。

 

借入から1週間に限って無利息で利用できる金融機関もありますし、また最大で借り入れから180日の無利息期間が認められる金融機関などもあるようです。

 

無利息期間は通常借り入れを利用した時点でスタートするのですが、一部には契約の時点から無利息期間がスタートする金融機関などもありますので、契約の際にしっかりと確認するようにしてください。

 

キャッシングに申し込んで審査に通過することができればローンカードが発行されますので、提携するコンビニのATMなどを利用して365日24時間いつでも自由に借り入れを利用することができます。

 

利用方法はカードをATMに挿入して暗証番号を入力すればOKですから、銀行のキャッシュカードを利用するのと同様に必要な金額を手軽に引き出して借り入れることができるのです。

 

ただしキャッシングを利用した場合には、クレジットカードの分割払いなどと同様に利息が発生することになります。借り入れを利用した時点から利息が請求されることになるのですが、無利息期間サービスが利用できれば利息が請求されるタイミングを遅らせることができます。

 

例えば1日あたり発生する利息が50円であれば、30日の無利息期間サービスが利用できれば1500円分の利息を節約することができるのです。

 

無利息期間サービスにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

無利息期間サービスの大きなメリットは、無利息期間中の利息の支払いが不要になるということです。低金利のキャッシングであっても大きな金額を借り入れたり、また借り入れが長期となる場合などには利息の負担が大きくなるのですが、無利息期間サービスが適用されれば期間中の利息の支払いが不要になりますので、返済の負担などを軽減することができるのです。

 

ちなみに月々のキャッシングの返済を行った場合には、返済額はまずは月々の利息の支払いに充当され、残りの分が借り入れ元本に充当されることになります。

 

例えば100万円を借り入れて月々の返済額が10万円の場合に利息の負担が5万円であれば、10万円を返済しても借り入れ元本の残額は95万円ということになります。しかしこの時に無利息期間サービスが適用されて利息が0円になれば、10万円を返済することで借り入れ元本を90万円に減らすことができるのです。

 

さらに借り入れ元本が減少すればその後の利息の負担も減少しますので、無利息期間サービスの積極的な活用をおすすめしたいと思います。

 

現在は消費者金融系など様々な金融機関が無利息期間サービスの提供を行っているのですが、ほとんどの場合には借り入れを申し込むのが初めての人に限定されたサービスになりますので、無利息期間サービスが終了する度に他の無利息期間サービスを提供する金融機関に借り換える方法なども検討してみてください。

 

無利息期間サービスを利用する際には注意が必要になります!

 

無利息期間サービスを利用する際には、特に無利息期間サービスの適用が開始されるタイミングについて注意が必要になります。

 

無利息期間サービスは通常の場合、初めての借り入れを利用した時点から適用されることになりますので、お金が必要なタイミングに合わせて慎重に申し込むことが必要なのです。

 

無利息期間については30日程度が適用されることが一般的ですから、限られた無利息期間が有効に活用できるタイミングで申し込むようにしてください。近年では即日融資が受けられるキャッシングが増えているのですが、即日融資を受けた時点から無利息期間がスタートすることになりますので、場合によっては無利息期間を無駄に浪費してしまうかもしれません。

 

特に融資を急がないのであれば、実際にお金が必要なタイミングに合わせて借り入れを申し込むことで、無利息期間サービスをより有効に活用することができます。また無利息期間サービスは初めての借り入れに限定して適用されますので、2回目以降の借り入れについては通常の利息の支払いが必要になります。

 

無利息期間サービスが利用できるのであれば少額の借り入れを複数回利用するよりも、必要な金額を初回にまとめて借り入れた方が有利になります。

 

キャッシングを利用する際には、支払いが必用な利息について事前にしっかりと確認しておくことを心がけてください。月々の負担を減らして計画的に返済を行うために、利息を正しく計算することが重要になります。

 

低金利フリーローンを賢く選んで計画的にキャッシング!

 

いかがでしたでしょうか?今回は低金利に注目して、その魅力や注意点について詳しくご紹介してきました。

 

ここで最後に、低金利のフリーローンについておさらいしていきましょう。

 

  • 金利設定は各会社で違う
  • 低金利で選ぶなら銀行フリーローン
  • 低金利フリーローンは審査が厳しいので注意
  • 無利息期間サービスに注目してみる

 

このように低金利フリーローンは返済の負担を減らせる魅力がありますが、その分で審査が厳しくなることもあります。

 

低金利フリーローンで注目する場合は、無利息期間サービスを用意している消費者金融系のフリーローンも一緒に検討してみてくださいね。